いくら寝ても眠たいのは

最近、寝足りないのなってすごく思うんです。やらなきゃいけないことがあって深夜まで起きていたり、朝早く起きる必要があったりです。そんな日はもちろん、仕事中に睡魔と戦うことになります。知らない間にパソコンのキーボードを連打してることがあって、ハッと気づいたときにビックリです。恥ずかしくって思わず周りを見てしまいます。これとよく似たことは学生の頃にもありました。当時はノートに向かってて、気づいたら、なんだかワケわからないヒョロヒョロの線が無数に書いてあったこと。でも、たまに、十分寝てるはずなのに我慢できないくらい眠くなってしまうことがあります。それは起きるタイミングの問題かもしれません。先日、読んだ記事に書いてあったんです。人間には起きるタイミングがあるらしいんです。それは眠りに入ってから、4時間半後、6時間後、7時間半後なんだそうです。ちょうどそのタイミングでレム睡眠、つまり浅い眠りになるから、そこで目覚めればスッキリと理想的な目覚めになるんだって。たった4時間半でも理想的っていうのがビックリですけどね。けど、この時間を逃してアラームで起きたのなら、スッキリと起きられていないのかもしれません。だから、十分寝たはずなのに、いくら寝ても眠たいなんてことになるのかも。そのタイミング、ちょっと心がけてみようかな。

面白いって思っていたのに

時々読む、小説以外の本。自己啓発関係の物やビジネス関連のものです。今、読んでるのは仕事に活用できそうなビジネス書です。ネットで書籍を見ていた時にたまたま見つけたものです。だから、そのままオンラインで購入しました。読み始めた時には、ビジネス書なのにこんなにも面白いのかと驚きながらページをめくりました。まるで小説のようにその続きに惹かれていたんです。でも、仕事の緊急な用事があったりして読み進めていくことができずに、そのまま止まっていたんです。そしたら、ある日、その本の著者から郵便が届いたんです。たぶん、ネットで買ってから1週間くらい経っていたから、もう読み終わった頃だと思って送ってきたんでしょうね。それは、本の内容とリンクしている通信教育の案内だったんです。ご購入者だけの特典として……って、スキルを身に着けるために通信教育の半分は無料になるような内容の冊子が添えられていました。「ははぁ、そういうことか」って、なんだか一気に気持ちが冷めていくのを感じました。真の目的は高価な通信教育を販売することだったのかと。セールスマン的には、本に興味を持った人に通信教育の案内をした方が効率がよいと思うでしょう。実際にそうだと思います。何の興味もない人に案内したって仕方ありませんものね。けど、私にはマイナス効果でした。まだ本は読んでいますけど、あんなに面白かったのに、なんだかつまらなくなってしまったんです。人間の心理って不思議ですね。本来は人間の心理を上手く活用するとビジネスは成功するんですけどね。

その本はプレゼント

先日、友人からメールがありました。近いうちに宅配便で荷物が届くから受け取ってほしって。それも職場に。しかも着払いで。私が自宅にいない時が多いから職場の方が確かだろうって考えたらしいんです。まぁ、それは間違ってはいません。けど、着払いって……もちろん、あとでお金は返すからと書いてありました。そこまでは「仕方がないな」って感じだったんだけど、その後の文章がちょっと普通ではなかったんです。その荷物は1冊の本なんだけど、私へのプレゼントだっていうんです。小説ではなく、どっちかっていうとビジネス関連の物らしくて、きっと私の役に立つからって選んでくれたんですって。もちろん、それは嬉しいです。けど、着払いで私が支払いをして、あとでお金を返してもらうっていうところが何とも違和感がありました。きっとそうなるわけが友人にはあったんだと思うんだけど。プレゼントなのに?って。でも、そこは仲のイイ友人だからこそ成せる技だとも言えます。だって、普通、誰かのプレゼントなのに、「届くからお金払っといて」はないでしょ。まぁ、彼女らしいなって笑えるんですけどね。けど、私の事を考えてくれてることだけは確かです。長年の友人ですから。そして、読書友達でもありますしね。今、手元にその本があります。ちょっと忙しくてまだ読み始めてないんだけど、なかなか面白そうです。そして、きっと近いうちに彼女と会うことになると思うからランチでもしながら、『こんな形でプレゼントする人は他にはいない』って笑い飛ばしてあげようと思っています。もちろん、感謝を込めて。

駅前絵広場は憩いの場

職場の最寄り駅には駅前広場があります。そこには大きな木がいくつも植えられていて、緑豊かな広場です。駅から降り立って広場を見渡すと、いつも多くの人が目に飛び込んできます。春夏秋冬、もちろん、季節によって人々の服装やくつろぎ方は違いますけど、いつの季節にもその光景はあるんです。待ち合わせをしている人やお喋りをしている人など様々です。真冬以外は木陰でお昼寝をしている人だっているんです。木陰のランチは季節には関係ないみたいです。まぁ、さすがに冬は寒そうですけどね。けど、意外にも季節に関係なく本を読んでる人も多いんです。そこでの読書を楽しんでるのか、時間をつぶすためにそこで読んでるのか、それはわかりませんけどね。私も春風に吹かれながら木陰で本を読むことをイメージすると、すごく気持ちが和みます。そして、年中毎週末にはフリーマーケットも開催されています。その日は特に朝から夕方まで本当に賑わっています。外国人の観光客の人達もそこで楽しんでいる様子を目にします。だって、通常のお店では絶対に見つかりそうにない物がありますもの。骨董品らしきものやサイズがあるのかないのかわからないような個性的な洋服やマニアックなおもちゃだったり、アクセサリーだったりと、見ているだけでも楽しいのは間違いないです。そうそう、古めかしい本も売っていて、そこを私は覗きます。完全に日常に溶け込んでいる駅前広場。そこを通り抜けて行く間に見える光景を楽しみながら、私はいつも通勤してるんです。

現代の魔法『ナッジ』

この前、たまたま行動経済学について書かれた記事を読みました。これだけを聞くと、すごく難しいお話のように思えるんだけど、実際には日常生活に基づいた興味深い内容でした。『ナッジ』と言って、行動経済学においては人がより良い選択をするように促す戦略があるんだそうです。その記事に載っていた面白い例があるんですけど、私が知っていることの中に、まさにその例そのままで、あれは『ナッジ』だったのかと初めてわかったことがあるんです。その例とは、放置自転車に悩まされていた雑居ビルのオーナーが取った行動についてです。そのオーナーの貼り紙が『ここは自転車捨て場です。ご自由にお持ちください』という文面だったんです。そして、この貼り紙は効果てきめんで、それ以来、放置されなくなったんだそうです。これは、自転車を放置しないという選択をさせるために有効な『ナッジ』だったと言えるんですって。実は私、近所でこれとまったく同じ文面の貼り紙を見たことがあるんです。『ナッジ』なんて知らなかった私は、『自転車捨て場』なんていうものがあることに感心したものでした。きっと、駅に近かったそこにも勝手に自転車が置かれていたんでしょうね。私が見た時には、一台も停まってなかったから、きっと効果があったんだと思います。他には、スーパーでの陳列の場所や金額の表示方法なんかにも活用されていることが多いんだそうです。単に価格で誘導するのではなく、消費者が自分のニーズで良い選択をするための指標という役割を果たすんだそうです。人間の購買に関する行動を研究する行動経済学っていう学問、ちょっと面白そうです。

『コラム法』って知ってる?

現代はストレスが溢れている時代ですよね。なんのストレスも感じない人なんていないんじゃないかな。もちろん、それに強い人、弱い人はいるでしょう。だから、同じことが原因だとしても人によって感じ方も違います。先日、見かけた記事によると、最悪の場合はストレスが原因で死に至ることもあるんだとか。眠れない、食べられないってなると、それに追従して様々なところに不調をきたしてくるんだそうです。そうなれば、やっぱり危険ですよね。それを解決するには、自分の思考をコントロールすることが大事なんだって。そして、そのためには『コラム法』というものが有効なんだそうです。それは、自分の気持ちを書き出すことなんです。そう、コラムを書くようにです。何か失敗や落ち込むことがあった時に、その時の自分の気持ち、どうすれば良かったのか、などをとにかく書くといいんだそうです。そうすることで、冷静になれて、解決に繋がる考えが出てくるんです。そして、そのために工夫をすることができます。そうなれば気持ちは楽になるし、新しい気づきも生まれるというものです。このトレーニングを繰り返すことで、ストレス場面を切り抜けて行けるようになるんですって。そうなれば、自分に自信もつきますよね。
これ、私は子供のころから自然にやってきたかも。私は読むこと、書くことが好きだから、日記を書いたり、ちょっとしたことを記したりして育ちました。もちろん、今でもそうです。でも、この記事で知った『コラム法』っていう訓練。これからは、さらに意識してやってみようかな。心も体も健康に過ごしたいですものね。

ご近所トラブル小説

時々実際にあるご近所のトラブルをテレビでも目にすることがあるけど、今読んでる小説にも出てくるんです。それには子供が関わっています。子供には罪はないと思うんだけど、親の都合や付き合いにどんどん巻き込まれていくんです。その内容は本当に「小説で良かった」と思います。だって、実際にそんなことが起こったら、ものすごく怖いんですもの。でも、起こるかもしれないって思える内容なんです。人間の深層心理ってはっきり言って、とても口にできないようなこともあります。私だって、心の奥で思ったり感じたりすることは全て良いことかって聞かれたら頷けません。それぞれの育った環境も違うし、その時の立場もあります。みんなが自分本位でいたら上手くいくはずなんてないですよね。お互いを理解しないと。特にご近所の問題は深刻になることが多いみたいです。なぜなら、小学校、中学校、高校、大学、どれも卒業すれば別々の道に進むことが多く、ともに過ごすのは一時期だけだと言えるけど、近所の問題となると、一生の問題だと言っても過言ではありません。ローンを組んで家を購入している場合も多いから、簡単に引っ越しをするという手段は選べませんものね。やっぱり巻き込まれたくないって思うのが本音です。私は子供の頃のことを考えても、たぶん平和な中で育ってきたと思います。だから、小説の中のトラブルは、疑似体験のようで鳥肌が立ちます。それはやっぱり小説の中だけで十分です。現実は持ちつ持たれつでお互いに譲り合って協力し合って生活していきたいですよね。

『恋煩」いっていう病気

先日、ある小説を読んでいたら、そこに出てきた『恋煩い』という言葉。普段はあんまり耳にしませんよね。でも、誰もが一度は聞いたことがある言葉なんじゃないですか? 私はそれを単に誰かに恋をすると一日中ずっとその人の事を考えて、ため息をついたりするから、そう呼ばれるものなんだと思っていました。でも、その小説に出てきた『恋煩い』って、本当に病気だったんです。食欲が全くなくなって、眠れなくなって、ついにはベッドから起き上がることもできなくなるんです。「そんなことってあるの?」と驚くばかりでした。けど、実際にも『うつ』に似た症状になったりするんですって。もちろん片思いでなくなれば治るんでしょうけどね。私はというと中学の時には、そこまでじゃないけど憧れの先輩のことを考えてはため息をついたりしてたかな、なんて思い出します。けど、たぶん食欲が失せたりはしなかったと思います。そんな記憶もないですし。でも、中学生時代のピュアな気持ちは懐かしいです。
けど、『恋煩い』って年齢に関係なくなってしまうものなんですね。だって、小説の中の登場人物なんて50歳でしたから。まぁ、「小説だから現実ではない」と言われればそこまでですけど。50歳のそれは重症でした。けど、いつか読んだ本には「人は死ぬまで恋をすることができる」って書いてありました。それって素敵ですよね。場合によっては問題ですけど。

尊敬に値します!

このところ出勤時間がいつもより1時間半も早いから、電車の混み方が随分違います。早くいつもの時間に戻りたいんだけど、訳あってまだしばらく続きます。混んでる中でも少しでも空いている車両をと探しながら乗ってるんですけど、途中の駅からもどんどん増えてきます。そんな状況だから私はいくら小説の続きが読みたいと思っても諦めています。トートバッグの他に手提げも持っている私は座れた時でないと読書は無理です。つり革をしっかり掴んでいないと、電車の揺れには本当に弱いんです。そんな中で驚きの事実があります。かなり混んでる車内であっても本を読んでいる人がいるってこと。立っている他の人と体の一部が触れているくらいなのに、片手でつり革を持ち、片手で本を持って読んでいるんです。中にはどこにも掴まっていない人もいます。すごい! 初めて気づいた時には思わずその様子をジッと見てしまいました。そして先日、よく見ると女子中学生っぽい二人はギュウギュウの中で立ちながらにしてテスト勉強をしていたんです。問題集に赤いシートを当てて正解の文字を見えなくして英文を見ていたんです。そこまで熱心に取り組んでいるなんてビックリです。けど本当は、熱心なことへの驚きよりも、電車で立ちながら揺れないで読書や勉強が出来るというその事実の方が一番の驚きで、尊敬ものなんですけどね。

文芸書の売り上げランキング

本屋さん行くと、そのお店や全国の売り上げランキングが書いてあることがあります。特にお目当ての物がなく、何か気に入った物があれば……と思って書店を覗いた時には、やはり気になります。上位の本は手に取って見てしまいます。
先日、アマゾンの文芸書のランキングの記事を見かけました。2位は芥川賞を受賞した小説だから頷けます。でも、1位はちょっと意外な結果でした。あるミュージシャンのドキュメンタリー小説だったんです。その本が発売になったことは別の記事で知ってたんだけど、まさかベストセラーになるなんて思いもしませんでした。そして、3位はというと小説でもビジネス書でもなく、日本語の成り立ちに関する日本語論のような物でした。10位までを見てみると、小説が多いけど、詩集があったり美術に関する物があったりと結構幅が広いなっていう印象を受けました。ということは、読者の年齢層や生活環境は様々なんだなって改めて思いました。そして、私がミーハーなのか、そんなランキングを見ると、内容を全く知らない本がやっぱり気になってくるんですよね。中でも「ランキング入りする詩集ってどんなのだろう」って思ってしまいました。でも、今までの経験上、沢山の人の支持を得ている本はそれだけの価値があることが多いんです。だから、その詩集が今、ずっと気になっています。