絵本の魅力に年齢は関係ない

先日、友人の家に遊びに行ってきました。2歳になる男の子がいるのですが元気いっぱいでとても可愛くて!「騒がしくてごめんね」と友人は言っていましたが、子供は元気なのが一番ですよね!お部屋にはオモチャや絵本がたくさんでした。最近の100円ショップは本当になんでも揃っていて子供用の絵本も種類豊富に取り揃えているそうです。紙はしっかりしているし、ちっちゃい子は舐めたりかじったり破いたりしてしまうので100均の絵本はかなり重宝しているのだとか。たしかに。特に小さい子の絵本は消耗品ですよね。
もちろん本屋さんで売られているベストセラー絵本も素晴らしいですが、お出かけ時に1冊…とか、絵本でも使い分けがあるといいかもしれません。お母さんに沢山本を読んでもらって本が大好きな子になればいいなぁと思いました。
ちなみに、もうすっかり大人な私ですが(笑)自分用でも2冊絵本を持っています。昔、読んだものですがすごく好きで大人になってから買いました。1冊は小学校低学年の時に授業で習ったもの。もう1冊はどこかで読んで大人になってからストーリーの繊細さに感動したもの。他にも何冊か欲しいものがあって、絵本って飾るのも可愛いですし購入を迷っています。
絵本って決して子供だけが読むものではないですよね。

元アイドルの女優っぷりに感動

もう何年も前なのですが元アイドルグループに所属していた女優さんが主演の舞台を観に行ったことがありました。小説が舞台になったもので、その時は原作を読んだこと無かったし、特に出演者さんたちのファンという訳では無かったのですが、友人に誘われてなんとなく観に行ったんです。そしたらもう大感激!内容ももちろん面白かったのですが13,14歳?くらいのアイドルで止まっていた彼女の成長たるや!すごく美人で演技も上手で歌うシーンでは鳥肌が立ちました。えぇー!これがあの子!?みたいな。
今更ですが某アイドルグループのオーディションなんて何千人の中から数人。合格してからも若いながらプロとして何万人の前でパフォーマンスしてきたんですからやっぱりすごい人なんだなって思いました。観劇後すっかりファンになる私(笑)
その後、小説を買って読んでみましたが面白くて何度も読み返しました。
なんで急にそんな話をするかと言うと、先日たまたまテレビでその女優さんと同期メンバーの方を拝見しまして。それで舞台のことを思い出したのです。とても懐かしくてもう一度観たくなりました。DVD買えば良かったかなぁと少し後悔です。
せめて小説はどこにあるか分からないけど探して再読してみようと思います♪

懐かし振替し読書のすすめ

中学生の頃にドハマりしていた小説を読み返しました。最近忙しくてゆっくり小説を読む時間が無く、でも活字を読みたいって気持ちがすごくて。そこで、昔読んだことのある本だったらさらさら読めるのでは!?と思ったのがきっかけで本棚の奥底から引っ張り出してきて読み始めたんです。そしたら狙い通りさくさくするする読めて短い時間でも簡単に一冊読み終えちゃいました。そしてやっぱり今読んでもすごく面白くて楽しめました!
子供の頃に読んでた作品だからそもそも文章自体も読みやすいし、一度読んで内容をなんとなく覚えているので一文一文に集中しすぎることもありません。それでいて当時では気づかなった新しい発見があったり、懐かしさを感じたり、大人になった今だから感じる想いがあったり…一度読んだことがある作品とは言え十分充実した時間を過ごすことができました。
ただ懐かしくなっちゃって、本当は新作で読みたい本がいくつもあるんですけど、アレも読み返したいなぁコレも読み返したいなぁって出てきちゃってもっと読みたい本が増えてしまいました!全然時間が足りない!(笑)
でもこの懐かし振替し読書、あんまり時間無いけど活字読みたいって人にはすごくオススメですよ!

出会いと別れと巡りゆく生命と

人との出会いと同じように動物との出会いもまた縁あってのものだと感じます。先日とても短くて濃厚なアニメーションを観ました。この作品は一人の女性と一匹の猫が主人公のささやかで慎ましい幸せを描いたものでした。幼い頃に母が拾ってきたオスの猫とその女性はずっと共に暮らしてきました。良い時も悲しい時も寄り添い続け、まるで伴侶のような存在だった彼は、彼女の腕の中で最後の時を迎えます。それから時が経った小春日和に、また新しい命が宿り生まれ変わったネコは彼女との再会を経て共に暮らし始めるのです。
この世に生きるものは必ず寿命があり、死が訪れます。それは必然的なことであり誰もが避けて通ることはできません。しかしながら死を迎えることは決して悲しいことだけではないことに気付かされます。残された者の悲しみは深く辛いものですが、命は巡りゆくものであり、また新しい形で出会いとして刻まれることを感じたからです。そして生きることは壮大で、命は大きくて重みがあることを改めて知ることができました。
悲しいことや苦しいこともたくさんあるけれど、暮らすということはそんなに悪いことばかりではありません。別れと出会いがあること、それは体内の細胞が破壊されながらも日々新しく作られ続けることと似ていると感じます。こうして私達は、縁を紡ぎながら新しい時間を生き続けているのです。

女友達と語ったマネープランとこれからのライフスタイル

先日友人とランチをしました。長くに渡り付き合いのある女性で、たまに会ってはランチとお茶を楽しんでおります。お互いの近況やライフスタイルの考え方など、話は多岐に渡るため、早い時間から会っていてもあっという間に夕方になっていることも少なくありません。
この日話題に上ったのは「これからの生き方」でした。私達のライフスタイルは少々異なりますが、年を重ねることや将来の不安は、どんな状況にあっても絶えないものなのだと感じました。中でも老後の蓄えは友人も不安に思っているそうで、マネープランは若いうちからたてることが好ましいとお互い口を揃えて言ったものです。しかしながら年を重ねた時、少しでも収入があったほうがいいし、仕事をすることで暮らしに張り合いが出るということも考えており、そのためにはやはり「今をどう生きるかが最も重要」ということにまとまり、この日のランチは幕を閉じたのでした。
さてこの日最も印象深く心に刻まれたのは、ある一冊の本のことでした。それは「女性の老後のマネープラン」について書かかれたもので、私達は同じ書籍を読んでいたことに気付かされました。この本からは数多くのことを学んだと同時に、ただ悩み葛藤するだけではなく明るい未来の展望を楽しむことも大切だということを知りました。友人も同じことを言っており、もう読み返してみようと思っております。
暮らしの中で不安は多々あるものですが、ほとんどのことはまだ起こっていない将来のことだったりもします。そのためネガティブな気持ちになれば幾らでも先を悲観することはできるものです。明るい気持ちを持つことで、未来は開けてゆくのだと改めて感じたよい時間でした。

サンデイピープルの楽しみと哀愁と

お休みの日は何故あんなにもあっという間に過ぎてゆくのでしょうか。静かで穏やかであればあるほど、心地良さから時間の流れは早く感じるものです。また夕刻が近づく光景を見ていると、少々寂しい気分になることもしばしば感じてきました。
ベッドに寝転んでゴロゴロしながら昼過ぎから夕方までの時間を過ごした数週間前の週末。マッタリモードに任せて読書に精を出せたことは、何とも幸せな時間でもありました。お菓子を食べながら棚にある書籍を一つずつ見ていたところ、廃刊された雑誌に掲載されていたある記事を見つけたことを覚えています。それはクリエイターやタレント達のオフの過ごし方が写真入りで紹介されているものです。家から一歩も出ずにゲームをする者、友人との食事を楽しむ女性などから、それぞれのライフスタイルを少し垣間見ることができ、リラックスした休日を過ごしている顔は、誰もがとても穏やかで伸びやかな表情をしていることに気付かされました。
この日ふと窓の外に広がる夕焼けを見ていたら休日が終わることに切なさを感じてしまい、哀愁が込み上げてきたものです。そんな気持ちに後押しされながら、次の週末は街に繰り出して積極的に活動してみようかと考えたら、心持ちか気持ちが明るくなったのでした。

忘れたくないことを育み続けること

忘れたくない人、覚えておきたいこと、いつまでも大切に胸にしまっておきたいこと。人は生きてゆく中で、こうした様々な出会いを繰り返しながら過ごしているのではないでしょうか。しかしながら日々たくさんの新しい思考が生まれてゆくためか、記憶はどんどん上書き保存されてゆくような気がするのです。だから「忘れたくないこと」もいつしか遠い昔として風化してしまうことだって少なくありません。こうしたことを考えると記憶とは非常に曖昧なものなのかもしれないと感じるのです。
私は出会いや過去について書かれた文学や映画作品で幾つかのお気に入りのものがあります。それらは、記憶の曖昧さを知りながらも人の潜在意識にある大切なことはいつだって心の中で生き続けることを教えてくれました。新しい思考や出来事はウェルカムですが、培ってきた過去を振り返り育むこともとても大切なのです。そして前を向き続けるだけではなく、時には過去と真摯に向き合うことがいかに自分を成長させるかを分からせてくれたと感じます。また今まで自分なりにいいことも悪いことも受け止めてきたのだという、自信に繋がるものです。これから先もずっと心に残したいと思うような素敵な出会いが詰まった人生を送ってゆきたいと、それらの作品は思わせてくれるのです。

直感で選んだ極上な映像作品

昨日の夕方、レンタルショップで一本のDVDに目が留まりました。それはマンガが原作となったもので、マンガ家と飼い猫の日常を描いたストーリーです。このDVDに出会った時、今観るべき作品だと感じました。ここ最近、私の心は少々荒み気味でした。その理由はよく分かりませんが、ここ数年の間に起きた少々辛かったことを思い出し、むしゃくしゃした気持ちが沸々と湧き上がっていたからです。このままではネガティブシンキングに覆いつくされてしまうのではないかと感じていて、それがまた憂鬱さを一段と深いものにしていました。
借りてきたDVDはその日の夜、眠る前に鑑賞しました。ショップで見つけた時、ふと心をよぎったことが見事的中して、鑑賞して本当に良かったと感じております。ずっと飼っていた猫が亡くなり、ペットロスになっていた主人公は近所の公園で皮膚に炎症を起こした猫に出会います。病院へ連れて行ったことをきっかけに飼うことになり、日々の暮らしがゆるやかに描かれてゆきました。またマンガの著者の人間としての魅力が、作品に溢れていることを感じたものです。同時に悲しい時は涙を流し、そばにいる人に胸のうちを素直に伝えることの大切さに気付いたのでした。嫌なことがあったことを無かったことにするのではなくて、自分の心がどう感じているのかを知ることができたら、今の私のように心が荒まずにすんだのかもしれません。自分の気持ちを大切にすることを知り、極上な作品に出会えたことを嬉しく思いながら、夜は更けてゆきました。

命宿るものと暮らすこと

数年前の冬に近所のお花屋さんでベコニアを買いました。濃いピンクの彩りと中央部分が白いコントラストの花に心奪われてしまい、一目惚れをしたのでした。その冬可憐に花は咲き続け、毎日観賞することが楽しみだったことが思い出されます。あれから数年経ちましたが、毎年冬には小さな花を咲かせ続けており、私の心を癒してくれています。ちなみに私の部屋にはベコニア以外にも幾つかの植木鉢が置いてあります。春から初夏にかけては緑の葉が四方八方に伸び、秋には葉を黄色く色付かせる様子を見ていると、生命力をひしひしと感じるようになりました。お部屋に命宿るもの置くだけでこんなにも心が豊かになるのだと気付くこともしばしばです。
先日、古本屋さんで風水についての書籍を購入しました。その本には風水を紹介しながらも、女性の部屋でインテリアを楽しみながら風水術を取り入れる方法が書かれており、かなり興味深い内容になっていました。そしてその書籍にも「部屋に植物を置くこと」が書かれており、「なるほど」と感じたのでした。どうやらお部屋の隅に植物を置くことでいい運気が流れるようです。私もそれにあやかり窓に面した角っこに植物スペースを作っております。運気の流れはよく分かりませんが、日差しが降り注ぐ窓辺でしとやかに佇む彼らを見ていると気持ちが洗練されるような気がします。毎朝お水をあげることは大変かもしれませんが、植物と供に暮らすことはなかなかよいものだと実感しています。

ご褒美はずっしりと重いシンプルなドーナツ

心地良く読書をする時間を求めて通うカフェがあります。私がここを訪れる時、かなりの頻度で食べるスイーツは、ドーナツです。週末の昼下がりに自分へのご褒美と称して、コーヒーのお供にしております。魅力を感じているところは、ずっしりと大きくて、まるで雪のように軽やかなパウダー状のシュガーがかかっているところでしょうか。見た目には寄らずにあっさりしていて、一つでお腹が満たされる最高のおやつだと感じています。
昨晩読み終えた小説には、私が愛しているあのカフェで食すようなドーナツを売るお店が登場します。この店は長年に渡り、オーソドックスなバニラエッセンスが効いたフレーバー一種だけを作り続けておりたくさんの人々に愛されているため、いつもお客が絶えないようです。店主は既に50歳を過ぎた独身の男性で、自称元体操選手という女性に危うく結婚詐欺に遭いそうになります。そんな過去がありながらも毎日美味しいドーナツを作り続けるそのひたむきな勢に職人魂を感じ、私は彼のファンになってしまいました。また輪っかを作るためにくり抜いた、真ん中の丸い部分を結婚詐欺の女性と仲睦まじく食す場面が何とも可愛らしくて大好きでした。小説は悪までもフィクションのためこの店も実在しないことは分かっていながらも、この男性にはいつまでも美味しいドーナツを作り続けて欲しいと思っております。